痛風の初期症状は足の親指だけじゃない?放置はヤバイ!

前回は、プリン体が含まれる食事に注意
が必要という記事を書きましたが、
今回は初期症状について見てみましょう。

 

痛風は、早めに病院で治療してもらわないと
ありえないぐらいの激痛が襲ってきます。

 

50そこそこのおっさんが、
「今日は痛風で足が痛いので会社休みます。」
って言って欠勤しちゃうぐらいですからね。

 

僕の父親ですが。。。(笑)

 

痛風の苦しみを知らない人からすれば、
はぁ?って感じなので、
そんな理由で休まなくてもいいように
早期発見をして早めに対応しましょう。

Sponsored Link
 

初期症状はこれだ!

痛風の症状は、ほとんどの方が足の親指
症状が出てくると言われていますが、
実は他にも出てくるところがあります。

 

かかとや足の裏、くるぶし、ほかの指、ひざ、ひじ、手首

 

などにも現れてくるので、
親指じゃないから大丈夫だなんて思わないでくださいね。

 

ちなみに、僕の父は足の親指の付け根と、くるぶし、
ひざに痛みが出てきています。

 

親指なんて見れたもんじゃないっすよ、
真っ赤に腫れ上がって痛々しい・・・。

 

でも初期症状ではそこまで腫れません。
痛みもちょっとぶつけたかな?
ぐらいの感覚なのでまさか自分が痛風だなんて
夢にも思わないでしょう。

 

ところがどっこい、
ちょっとした痛みを感じ始めてから数日経つと、
今度は赤く腫れてきます。

 

それでもまだ我慢できる範囲だし、
病院に行くほどでもないから、
我慢してそのまま放置してしまうんですね。

 

そのあと、悲劇に襲われることを知るよしもなく・・・。

Sponsored Link
 

ほおっておくとどうなる?

「イッタァァァァァァァ!(゚д゚)!」

 

あれは確か、朝の5時すぎのことでした。

 

僕の父親の叫び声がして、
当時小学生だった僕も何事かと思って
飛び起きました。

 

すると、父親の足が真っ赤になって
パンパンに腫れあがっているんです。

 

そのとき僕は、痛風なんて知らなかったから
寝相が悪くてぶつけて骨折でもしたのかな?
なんて思っていました。

 

でもそれが恐怖の痛風だったんです。

 

それからは、靴も履けないからサンダルで
足を引きずりながら歩く日々。

 

病院に行って痛み止めを貰ってきますが、
一度痛風になってしまうと、何度も何度も
痛みを感じるようになるそうです。

 

そして今では、痛風の痛みがなくても
真っ赤に腫れた親指は治ってません。

 

痛風は完治しないので、
痛みを抑えながら生活するしかないんです。

 

ただ、初期の段階で内科で診察してもらえば、
痛みや腫れも抑えることができますし、
食事の改善をすることでも抑制できます。

痛風の影響は?

あんなに叫ぶほど激痛の痛風でも、
食生活の改善ってなかなかできないんですよね。

 

痛風なのにまた飲んでるよ。。。
このクソおやじ、バカなんじゃねーの。

 

って思うぐらいバカおやじばビール好きなんですが、
先日、尿結石で入院してしまいました。(汗

 

痛風は、ただ足や関節が痛いだけじゃなく、
腎臓や肝臓などの内臓系全般と、
心筋梗塞などの恐れもあります。

 

そう考えると足が痛いだけなら
まだマシなのかもしれません。

 

痛風は体内への危険信号
だと考えて、食生活も見直していきましょう。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です