日焼け止め対策に白い服はNG?黒い日傘が多い理由

実は紫外線は黒より白のほうが
通しやすいって知ってましたか?

 

いやいや逆でしょ!
って思った方も多いのではないでしょうか。

 

黒い服の方が暑苦しくて、
白い服の方が爽やかなイメージなので
夏に黒い服を着る人は少ないですが、
日焼け対策なら黒い服のほうが効果的です。

Sponsored Link
 

黒の方が熱くなりますが・・・

車でもそうですが、黒い方が白に比べて
かなり熱くなりますよね、
目玉焼きが焼けそうなぐらい・・・。

 

服でも黒い方が熱くなるので
わざわざ暑い夏に黒い服を
着ようなんて思わないはずです。

 

ただ、日焼け対策で言うと、
黒い方が紫外線を通しにくいということです。

 

白い服は紫外線を反射させて防ぐのに対して、
黒い服は紫外線を吸収して防ぎます。

 

あれ?吸収するほうが反射するより
紫外線を通しやすいんじゃないの?
って思いますよね。

Sponsored Link
 

紫外線透過率

紫外線を通しやすいかどうかを示す
紫外線透過率ですが、

黒が1.7%

白が19.4%

という割合になっています。

 

ちなみに、
数値が大きいほど通しやすいです。

 

この数字を見てもわかるように、
黒の方が断然小さいです。

 

今まで、黒い方が熱くなりやすいから
紫外線を通しやすいと思っていましたが
白の方が通しやすかったんですね。

 

わかりやすいように黒と白で比較しましたが、
濃い色ほど通しにくいので、
紺や茶色でも通しにくいということです。

 

まぁ、UVカットされていたら
色は関係ありませんが・・・。

そういえば黒い日傘が多い気が・・・

黒い日傘を差している人って
よく見かけませんか?

 

前から気になっていたんですよね、
なんで暑いのに黒の傘を差すんだろうって。

 

そもそも日傘の目的には直射日光を防ぐ効果と
アスファルトなどの照り返しを防ぐ効果があります。

 

さっき白は反射させて
黒は吸収して防ぐと言いましたが、
紫外線透過率覚えていますか?

 

透過率19.4%

 

これを言い換えれば80.6%は
反射してしまうというわけですよね。

 

白い日傘だったら直射日光を通過して
照り返しも反射してしまうので、
吸収してくれる黒の方がいいということです。

 

おわりに

露出する部分は日焼け止めを塗るので問題ありませんが、
塗らない部分はできるだけ透過しない服を選びましょう。

 

ただ、暑苦しいから黒い服なんて
絶対イヤだという人は、
UVカットの服を選んでください。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です