いんきんたむしの原因は?病院はドコへ行く?

あんまり人には言いたくない病気、いんきんたむしですが、股間や太ももが我慢できないぐらい痒くなってしまいます。

 

股間にできる水虫ということで、股部白癬(コブハクセン)とも呼ばれていますが、白癬菌(ハクセンキン)といういんきんたむしの原因となる菌が、水虫の菌と同じなんです。

 

治すためにはこの白癬菌を排除してやらないといけませんが、そもそも何が原因でいんきんたむしになってしまうのでしょうか。

Sponsored Link
 

なぜ白癬菌はできるの?

水虫と同じ原因の白癬菌ですが、実はこれはカビなんです。足が蒸れてできる水虫もカビが原因なんですよ、だからいんきんたむしもカビが原因なんです。

 

どうやって発生するかというと、人間の体に含まれているタンパク質(ケラチン)を栄養として、湿った場所に現れます。

 

湿り具合は、湿度が70%、温度が15度以上で増殖するので、梅雨時期や夏場はいんきんたむしになる確率が高くなってしまいます。水虫になるのもこの時期ですよね。

 

で、この発生した白癬菌がまた厄介なのですが、皮膚に付着していると死なないんっすよ、体のタンパク質を栄養にしてるから・・・。住み心地最高!みたいな。(汗

 

なので夏場は通気性の良い下着やズボンを履いてください。

Sponsored Link
 

あやしかったら病院へ!

正直、いんきんたむしで病院には行きづらいんですけどね、でもちょっと怪しいなと思ったら病院で診察してもらったほうがいいです。

 

ちなみに症状は、股間や太ももに発疹や水泡ができます。赤くなって痒くなるのでちょっと様子がおかしいなーというのはすぐに気が付くと思います。

 

ただ、絶対にいんきんたむしというわけではなく、他の病気の可能性もあります。単なる発疹かもしれませんけど・・・。

 

仮に、単なる発疹だったとしても、放置しておくと症状が悪化してしまうので、これぐらい大丈夫だろうなんて思わずに、早目に皮膚科で見てもらってくださいね。

まとめ

いんきんたむしは、湿度70%、温度15%以上になると増殖しやすくなるので、特に夏場は股間が蒸れないように通気性の良い下着やズボンを履きましょう。

 

それでももし、発疹や水泡などの症状が現れたら、早目に皮膚科で診察してもらってください。

 

我慢できなくなるぐらい痒くなりますし、人前で股間をボリボリかくほうが病院へ行くより恥ずかしいので、怪しいと思ったら絶対に我慢しないでくださいね。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です