中性脂肪の減らし方!これで中年太りは卒業!

歳をとってくると、お腹周りが気になり始めませんか?でも付いてしまうとなかなかとれないんですよね、中性脂肪って・・・。

 

ではそんな中性脂肪をためこまないには、あるいは高い値を下げるためには何をすれば良いと思いますか?

 

今日はそんなあなたのために中性脂肪を少なくする為の習慣のことを紹介します。

Sponsored Link
 

中性脂肪がたまる人は?

これは良く言われることですが、中性脂肪の量は、生活環境の改善で期待できます。まぁ、それくらい中性脂肪はいつもの生活と食生活にかかっているというワケですね。

 

中性脂肪が蓄積される一番の要因は飲み過ぎや食べ過ぎ、要するに暴飲暴食ということです。

 

こんなことは当然ですが、脂っこいステーキやトンカツといった揚げ物、脂肪をいっぱい含んだ料理やスイーツ、アイスクリームといった甘いものとかフルーツ、ビール、ワインなどのお酒の摂取し過ぎは、特にヤバイです。

 

運動もせずに暴飲暴食をしてたら、そりゃ溜まりますよね、中性脂肪は。。。

 

中性脂肪は、エネルギーとして消費されなかった糖質や脂質が変わったものなのなので、中性脂肪をため込まないには、エネルギーを燃やすことが必要です。

 

ウォーキングやジョギングといった、ほどよい運動を、日々の生活の中にとり入れたほうがいいでしょう。

 

Sponsored Link
 

具体的な対策は?

牛肉とか豚肉といった脂質のたくさんある食べ物や、フルーツ、菓子類、ジュ-スといった糖質のたくさんあるものは控えるようにしてください。

 

糖質や脂質の吸収を少なくする海藻やきのこ、食物繊維がたくさん含まれた野菜などを進んで採ると、もっと効果が期待できます。また、ゆっくり噛んで食べ、早食いはやめた方が良いです。

 

僕もなんですけど、早食いしないと食べた気がしないんですよね、早食いが体に悪いということはわかっているんだけど、どーしても早く食べてしまう。みたいな・・・。(汗

 

でも結局、太って病気になってしまう原因なので、やめるように心がけましょうね。

 

他には、あなたに適した無理のない運動をしてください。ちょこっと汗をかくくらいのウォーキングなど、軽い有酸素運動をいつも採り入れることが必要です。

 

「無理のない運動」これ重要です。無理してしまうと無酸素運動になっちゃうので効果がなくなります。まぁ、無理すると継続できないので続けられる運動をしましょう。

 

これは女子の場合に限りますが、睡眠時間が6~8時間の人は中性脂肪がいちばん低く、それとは逆に睡眠不足と過剰睡眠の人は中性脂肪が多くなってしまうことが研究で明確になっています。

 

なので、睡眠時間もしっかり確保しましょう。案外大事ですよ(^^) でも、食っちゃ寝はダメですが。

 

アルコールの摂取は、中性脂肪を過大に合成するので禁物です。飲みたいときには量を控えて下さい。それに、日々の飲酒もお勧めしません。

 

毎日の晩酌をやめろと言っても、これを楽しみに仕事を頑張っている人もいると思うので、ちょっとだけでも量を減らしてみませんか?

 

最後に、イライラしてるのもダメ!

 

ストレスは自律神経が崩れる要因となってしまいます。自律神経がおかしくなるとホルモンバランスが悪くなるので、中性脂肪が広がってしまいます。ストレスは、自分に合った方法で上手に解消しましょう。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です