紫外線はシミ・シワ・たるみを引起こす!日焼け止めだけではダメ!

本格的な夏に向けて、UV対策をしていますでしょうか?

 

UV対策と言っても、日焼け止め効果が高い化粧品を利用したり、日傘とか帽子を使ったりと、夏のシーズンの強い紫外線トラブルは防止することだけに意識してしまいがちです。

 

そりゃもちろん、強い紫外線からお肌を守ることだって必要だとは思いますが、ダメージを溜めこまないために必要な方策もとっても大事なんです。

 

防止することばっかりに気を取られていたら、お肌の悩みとか年齢肌を加速させることにもなってしまいます。

 

なので今年の夏は、お肌の回復力を底上げするようなお手入れで、きちんと紫外線対策をしていきましょう!

Sponsored Link
 

夏になると「お肌がカサカサ」してしまう原因って?

紫外線は、日焼けによってお肌を黒くさせるだけでなく、肌のベースとなる真皮まで届くことによって、そのほとんどを占めている「コラーゲン」をぶち壊してしまうわけです。

 

それが原因で、弱ったお肌のうるおいはグングン低下し、お肌の生まれ変わりに絶対必要な代謝のサイクルさえもメチャクチャになっていってしまいます。

 

事務所にずうーっと座っているだけであっても、窓から注ぎ込まれてくる紫外線ダメージはたまっていきます。でもなかなか気が付かないんですよね、部屋にいるから大丈夫だろう・・・的な。

 

でも実は お肌の乾燥とか新陳代謝の乱れ、トラブルの原因は、紫外線だけではないんです!どっちかというとカサカサになるのは紫外線よりこっち。

 

冷房」が乾燥の原因になります。事務所やお店で必ず使われるエアコンは、部屋の湿度を下げていってしまうので、お肌は乾燥しやすくなっていくというわけです。

 

その上、エアコンや扇風機の風がもろにあたると肌表面の水分を奪ってしまって、どんどん潤いがなくなっていきます。 とは言っても、汗でベタつくこの時期は、そのことに気づきづらいワケです。

 

Sponsored Link
 

「乾燥」と「紫外線」の悪循環

実際は乾燥しているにもかかわらず、そのことに気が付いていないままに手軽なスキンケアで終わらせてしまうことで、肌荒れがどんどんひどくなってしまいます。

 

で、この悪化してしまったお肌に、どんどん紫外線ダメージがプラスされるとどうなっちゃうのでしょう?

 

冷房でカサカサになっている水分不足の肌に紫外線のダメージが加わり、さらに乾燥を引き起こしてしまいます。この悪循環が続くと「シワ」「シミ」の原因になってしまうというワケなんですね。

 

シミ、シワだけじゃなく、紫外線はお肌のたるみも引き起こしてしまうんですよ。

 

紫外線でコラーゲンがぶち壊される→肌が荒れる→シミができる→お肌がたるむ→シワが増える→老け込む( ゚Д゚)

 

気が付くとこんな最悪のスパイラルに陥ってしまうというわけなので、早目にきちんとしたお手入れを心がけましょう。

 

ハリのあるお肌を守るのに大人気の化粧水はこちら

24時間たるませない!モイストリフトプリュスセラム

 

歳をとってから後悔しないように、早目に意識しておきましょう。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です