結婚相談所の成婚率って低い?30%なんて大ウソ?

結婚相談所を選ぶポイントのひとつに「成婚率」がありますが、高いお金をかけて入会するなら成婚率が高いほうがいいですよね。

 

成婚率が高いということはそれだけ実績があるということなので、信頼できる結婚相談所かとは思いますが、ではそもそも成婚率ってどうやって計算しているのでしょうか。

Sponsored Link
 

成婚率30%!ってホント?

 

よく結婚相談所のサイトに「成婚率30%!」などと掲載されているのを見かけますが、半分ホント、半分ウソみたいな話しです。

 

そもそも成婚率の定義ってあやふやなのですが、高くなる理由はコレです。

 

成婚率=成婚者 ÷ 総退会者  です。

 

入会者は含んでいません。この理由は、まだゴールしていないからです。受験で言うならまだお勉強中・・・みたいな(^^)

 

ゴール=成婚者+脱落者  要するに、相手が見つかって退会する人と、相手が見つからずに諦めて退会してしまう人を足した人数がゴール(総退会者)です。

 

例えば、女性の現会員数が10000人で、成婚者が1000人、退会者が2000人だとすると、

 

成婚者1000人 ÷ 総退会者(成婚者含む)3000人 = 33%

 

という結果になるので、現会員数は関係ありません。

 

このような計算方法で算出している結婚相談所もあるので、成婚率だけで比較するのは難しいのかなーと思います。

 

Sponsored Link
 

実際の成婚率って?

 

先ほどの算出方法も考え方としては間違っていませんが、一般的に成婚率といえば、

 

成婚率 = 成婚者 ÷ 会員数

 

ではないでしょうか。だとすると、先ほとの例で言うなら、

 

成婚者1000人 ÷ 会員数(成婚者含む)11000人 = 9%

 

ということになります。実際にこれぐらいの数字が一般的です。この人数だったら胸張って成婚率なんて言えませんよね・・・。(汗

成婚率での比較は難しい!

 

結局、このように算出方法によって成婚率が全然違うので、単純に比較するのは難しいです。まぁ、こんな低い成婚率で堂々とサイトに掲載している結婚相談所はありませんが。(笑)

 

どちらかと言うと、男性会員○○名!女性会員○○名!  成婚者○○名! って掲載しているサイトのほうが多いので、あまり成婚率は意識しないほうがいいと思います。

 

それよりも、会員数が多い大手のほうが信頼感があるので、選ぶときは人数や料金、条件などを確認したほうがいいでしょう。



【婚活費用比較君】
↑↑↑ここで安心できる大手結婚相談所の情報を一括請求して検討されるかたが多いです。資料請求だけならいっさいお金がかからないのでまずは一歩を踏み出してみてください(^^)


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です